中病看護部ログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症の人が住む世界を知る

<<   作成日時 : 2014/12/22 10:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

認知症の患者さんの数は年々増加し、約170万人といわれています。
急性期病院にも認知症の患者さんが急性期疾患で入院されます。
入院・治療による生活環境変化で、せん妄やうつ など、一時的な適応障害を起こしている 高齢者も少なくありません。それに伴って、認知症による徘徊・暴言等の周 辺症状への対応に、看護師が追われると いう状況も深刻です。

中央病院では9月より総合診療センターに介護福祉士を配置し、チーム力を高めています。
回復リハビリセンターの介護福祉士と一緒に、
今回、「BPSD症状の原因を学び、認知症の人が住む世界を知る」というテーマで、
介護福祉士(ケアワーカー)が講師にランチョン学習会を開催しました。

ちょっと緊張しながら、介護福祉士4名が交互に講師を務めました。
参加した看護師は38名。最後に流された認知症の方の詩のDVDは心に沁み入りました。

画像


まとめ
在院日数の短い急性期の病院の中でも、
@原因を探る視点を持つアセスメント力をつける
Aしっかりアセスメントした上で、ケア内容を考える
B認知症ケアの専門的な知識を身につける
Cケア次第で悪化させてしまうという責任感を持って関わる

画像



根拠あるケアをチームで展開していけるようにしましょう!
意思表出がで きない認知症の患者さんを理解し能力を補完す ることも、患者さんの権利を守る上で大 切な役割です。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症の人が住む世界を知る 中病看護部ログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる